施工事例

横浜市 | 在来工法のタイル張りのお風呂をユニットバスへ改修工事

  • 浴室改修工事
工事前のお写真
工事後のお写真
工事データ
施工実施日
2015年3月
地域
神奈川県横浜市
お施主様
H様

工事に至る経緯、ご相談内容

在来工法のお風呂の劣化と寒さを何とかしたいとご相談がありユニットバスへの交換工事を行いました。

工事の流れ

在来工法のデメリット

ピンクのタイル張りのお風呂場でかわいらしいですが、タイルは滑りやすい・掃除がしにくい等のデメリットが目立ちます。
ステンレスの浴槽は耐久性も高く、何十年と使用できますが、FRP等の浴槽に比べるとお湯の冷める時間が早かったり、浴槽が深い為、出入りが大変だったりとデメリットも多くあります。

工事は既存のお風呂をすべて撤去し新しくユニットバスをはめ込みました。
新たらしいお風呂はポリエステル樹脂を使用した浴槽へ取り替え致しました。
暖かみのある浴室にするために壁の一部を木目調のものにしました。

屋根に関するご相談は
屋根工事職人会へ

屋根工事職人会は神奈川県横浜市に拠点を構える、屋根工事職人の集いです。

自社の職人が工事を行いますので、お客様と職人が直接やりとりをいたします。
そのため、伝え忘れや意志の相違などの「伝達ミス」が起きません。
また、環境経済人賞受賞をはじめとしたさまざまな賞を受賞しております。

屋根のことでお困りの方は、熟練の職人が集う屋根工事職人会にお気軽にご相談ください。