施工事例

横浜市|変色した壁を外壁サイディングで新築のように生まれ変わらせる

  • 金属サイディング工事
工事前のお写真
工事後のお写真
工事データ
施工実施日
2021年6月
地域
神奈川県横浜市
お施主様
N様邸
屋根工事種別
金属サイディング

工事に至る経緯、ご相談内容

屋根も施工させていただいたお客様から外壁も傷んでいるので改修したいとのご相談を受け、お客様と弊社職人で日程調整を行い、現地調査に向かい、イメージをすり合わせながら工事させていただきました。

【同じお悩みを持つ方、まずはお気軽にお問い合わせください!】

工事の流れ

現地調査 外壁の傷みを確認

全体的にうっすらと黒ずんでおり、どうしても掃除では取り切れない劣化が目立ちます。
もともとの外壁はリシン吹付塗装が施されており、塗料がチョークのように粉ふいてしまうチョーキング現象が起こっていました。塗り替えで対応した場合のメンテナンスコストを考え今回は屋根カバーとの調和もできるサイディングを採用いたしました。

工事開始前 足場の設置

円滑かつ安全に作業を行えるように足場を設置していきます。
飛散防止ネットをしっかりと設置することで、通行人やほかの敷地、車への資材の飛散を防ぎます。

外壁の工事開始 下準備

既存の塗装の上に胴縁や役物というサイディングを施すうえでは欠かせない下地を打っていきます。
大体30〜40㎝間隔で打っていくことで、通気層を設けることができ、サイディング材から雨水が流入してもその通気層を通じて水を抜くことができます。また、断熱性、遮音性を高めることも出来ます。

金属サイディングをはりつけ

金属サイディングを丁寧にはっていきます。今回使用したのはIG工業のシャドーライン。色はミルクです。ホワイトよりも少し黄みがかった色をしており、シャドーラインの繊細なパターンによる陰影と相まって優しい印象を与えます。
外観がまるっきり新しくなったので新築のようだと喜んでいただけました。

今回は状態を見させていただきサイディングを施しましたが塗り替えも勿論可能です!
気になる費用はこちらをご参照ください。

屋根に関するご相談は
屋根工事職人会へ

屋根工事職人会は神奈川県横浜市に拠点を構える、屋根工事職人の集いです。

自社の職人が工事を行いますので、お客様と職人が直接やりとりをいたします。
そのため、伝え忘れや意志の相違などの「伝達ミス」が起きません。
また、環境経済人賞受賞をはじめとしたさまざまな賞を受賞しております。

屋根のことでお困りの方は、熟練の職人が集う屋根工事職人会にお気軽にご相談ください。